スポンサーリンク

当サイトはプロモーションが含まれています

当サイトはプロモーションが含まれています

出会いさがしで女性が避けたいマッチングアプリトラブル

アイキャッチ画像 シニア婚活トラブル
スポンサーリンク

マッチングアプリでの出会いは、結婚相談所や婚活パーティーと違い、第三者のアドバイスが得られないので、利用者自身の判断が必須です。

特に初心者は、注意すべき点を理解し、リスクを回避するための知識を身につけるべきです。

マッチングアプリはトラブルに合いやすい

詐欺師表の顔と裏の顔

マッチングアプリは、現代の恋愛シーンで大変人気の出会いの方法となっています。

確かに、多くの利用者は真摯な関係を求めてアプリにアクセスしていますが、それとは異なる意図を持つ人々も存在しています。

実際、アプリには広告などで集められたさまざまな会員がおり、中には不正な目的で他の会員を騙そうとする者もいます。

これは特に、アプリ利用が初めての方をターゲットとしています。

アプリを利用する際の魅力はもちろん、素晴らしい人との繋がりです。

しかし、その一方で異なる目的を持つ人を見分ける力も必要です。

不審な行動やプロフィールの人を避け、真心のこもった人とのつながりを求めるべきです。

第三者が間に入らない分、自身の判断が大切になります。

結婚相談所や婚活イベントのように、他人の意見を直接参考にすることが難しいので、マッチングアプリを利用する際は、どのような点に注意すべきかの知識を身につけることが重要です。

人生経験が豊富だからと思っていても、詐欺を働く人間は、訓練されているので、だまされやすいのです。

おかしいと思ったら上手に逃げることです。

どういうトラブルに出会うのでしょうか

いろいろな詐欺師

マッチングアプリは現代の主要な出会いの手段として人気があります。

多くの人が真面目な関係を求めてこのサービスを利用していますが、中には別の目的でアプリを利用する者もいることが知られています。

運営元の宣伝によって集客されたユーザーの中には、悪意を持った人たちが紛れている可能性があります。

特に、マッチングアプリの初心者は、詐欺師たちのターゲットとなりやすいため注意が必要です。

マッチングアプリを通じての出会いは確かに魅力的ですが、同時に、悪意を持った利用者を見極めるスキルも求められます。

結婚相談所や婚活パーティーと違い、マッチングアプリには第三者のアドバイスが得られないので、利用者自身の判断が必須です。

特に初心者は、注意すべき点を理解し、リスクを回避するための知識を身につけるべきです。

どんなトラブルがあるのか
  • ヤリモク
  • 宗教・投資話の勧誘
  • 結婚詐欺
  • ストーカー被害

お金の話になったら早く見切りをつける必要がある。

ぐずぐずして相手の話のフィールドに引き込まれない。

最初からだますことを目的としているので、入念なストーリーが出来ていてだまされやすい。

おかしいと思ったら、耳を貸さない。

信用していることが分かってからお金を貸してくれと持ち掛けて来るのでそういう話も聞かない。

注意したほうがいい人の特徴

  • すぐに個人情報や写真を要求してくる人
  • プロフィールの情報とメッセージの中身が一致しない場合
  • さまざまな理由をつけて金銭的なサポートを求めてくる人
  • 他のSNSや連絡先の交換を避ける、顔写真を公開しないなど
  • マッチングアプリの利用開始日が非常に新しい

トラブルに巻き込まれないための対策

  • プロフィール文をしっかり確認する
  • やり取りに時間をかける やり取りを始めてからすぐに会おうとせずに、相手のことを良くわかるまで時間をかける。2週間くらいのところ不安であればひと月欠ける。
  • 会うときは、日中人のいるところで会う。
  • 投資、副業、宗教など、婚活、恋活と関係ない話が出たら話を聞くのをやめて離れる。
  • 個人情報は、相当仲良くなってもむやみに教えない。

以上のような点に注意してトラブルに巻き込まれないようしましょう。

いろいろ悩んだら盛りすぎちゃいました

悩む女性

マッチングアプリの利用者は、好みの異性と出合えるように色々研究勉強します。

ですからマッチングアプリで出会える指南書の本を読んでどうしたら出会えるのか,プロフィールはどう書いたらあってもらえる確率が高くなるのか、どういう写真を載せれば気に入ってもらえるのか、多少盛るか、てんこ盛りにするか、それとも実物本位で行くかどれが一番会えるか、指南書を読みながらあれこれ悩みます。

その結果、

実際にあってみたら違っていた
  • ドタキャン
  • プロフィール
  • 顔写真
  • 職業・年齢
  • 既婚者だった

というような驚きの場面に遭遇します。

ドタキャン

  • 初めてのデートは見知らぬ人との出会いであり、それが原因で、緊張や不安から逃れたくなることがある。
  • 実際の自分とプロフィールとの間にギャップがあり、それがばれることに恐怖を感じる
  • 体調不良や突発的な用事が出来、キャンセルした。
  • 他のイベントやデートの予定ができ、そちらの方が魅力的に見えたから。
  • 約束をしたのに無責任な考え方で連絡もせず出てこない。

プロフィールでウソをつく

婚活の世界では、プロフィールの第一印象が非常に大切です。

そのため、自分の魅力を少し強調したいと感じるのは自然なこと。

出会いの場では、プロフィールが最初の印象として機能します。

多くの人が最も魅力的な印象を与えたいと考え、ウソをつくことで自分の魅力を増強しようとすることがあります。

出会いのアプリやサイトは多くのユーザーが登録しており、自分をよく見せようと他の人よりも盛る必要を感じる人がいます。


自分の実際のプロフィール情報(年齢、職業、経歴など)に不安やコンプレックスを感じている場合、それを隠すためにウソをつくことがあります。

顔写真が違う

マッチングでの出会いを増やす方法として、写真の撮り方の指南が、プロフィールの書き方と同様重点視されています。

指南に従って写真を撮ると、旅先での笑顔の写真、ペットをかわいがっている笑顔、子供との触れ合いの写真、海や美しい風景を背景にした非日常的な写真など。

怪しいと思っておいた方がいいケース

一枚しか写真がない場合、その角度からの見栄えが一番いい、あるいは隠しておきたいところがある。

肌の質感やシワが見えない場合、修正されている可能性が高いです。

若い頃の写真を使っている場合、どことなく野暮ったい感じ

職業・年齢がウソ、既婚者だった

遊びが目的の人は、ばれなければいいぐらいの考えでいますので、まともに相手をしないで切り上げましょう。

でないと泣きを見ます。

誠実な男性がどういう人かお話をしながら見極める

にこやかに電話する女性

シニアの婚活で一番重要な点は、財産とか年金が多いとかではなく人柄だと思います。

どういう人柄なのか、よーく見極めたほうがよいでしょう。

というのも、結婚してみたら、親の介護のために結婚したことが分かった。

食事の支度、掃除のためなど家政婦替わりだったというようなことが現実にあります。

期待とは違った結果になってもあきらめない

中年の女性が婚活に臨む際、「理想と現実が合致しない」時も諦めずに続けることが大切です。

実際にお会いしてみて、予想と違ったり、相手からの返答がなかったりすることもあるでしょう。そんな時は落胆せず、前向きに捉えてください。

シニア層の婚活は、一筋縄ではいかないことも。

しかし、長い目で見て取り組むことが重要です。

積極的に興味を示すアプローチや、メッセージのやり取りを増やすことで、あたらしい出会いが生まれます。